市民上映会開催者募集中

8月は上映料金が半額に!

1
1

考える・話す

自然保護団体やNGOの活動を知る

参加する

現地でのツアー、活動に参加する

寄付する

自然保護団体やNGOに寄付をする

主催する

市民上映会、劇場上映を主催する

8月 2, 2017 in News

2017/08/01 劇場公開決定!ドキュメンタリー映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』

8/1(火)より市民上映会が全国各地で順次スタートするジュゴ... Read More
8月 2, 2017 in News

2017/07/25 ピーター・バラカンさんから映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』へのレビューが届きました!

ブロードキャスターのピーター・バラカンさんから映画『ZAN ... Read More
8月 2, 2017 in News

2017/07/14 世界プレミア上映『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』(7/19東京)

リック・グレハン監督によるジュゴンと沖縄、辺野古・大浦湾の自... Read More

INTRODUCTION

沖縄に生息する絶滅危惧種のジュゴンを見ようと訪れた先は辺野古。
そこで目の当たりにしたのは、圧倒的な自然の美しさと、それを脅かす米軍基地建設だった。

 

沖縄でジュゴンを探す旅に出た木佐美有が見た辺野古・大浦湾の自然の豊かさと米軍基地建設に向けた様々な立場の人びとの声。ジュゴンとはどのような生き物なのか。辺野古・大浦湾にはどのような生物が暮らしているのか。基地建設について、自然保護団体、研究者、 抗議活動に参加する市民、地元地区の住民は何を思っているのか。そして、私たちは何を守らなくてはいけないのか。沖縄の豊かな自然の中での様々な発見、体験を通してジュゴンが暮らすこの海と共に生きていくことの大切さを考えるドキュメンタリー。

 
 
 
 
 
 
1
1
 

1996年、日本政府は米軍普天間飛行場の移設先を辺野古に決定

 

新しい基地の建設によって、ジュゴンの餌場である海草藻場が広がるサンゴ礁が埋め立てられる

 

森、川、マングローブ、干潟、 海草藻場、サンゴ礁がひとまとまりに残された生き物の生命に満ちあふれる海

 

新しい基地建設に反対している人々は、この海と自然を守ろうと20年以上抗議や活動を続けてきた

 

近年、日本政府は新基地建設計画を進める姿勢を鮮明にしている

1
1

TRAILER

「ジュゴンはまだまだ知られていなくて、伝説の生き物のように思われています」

- 鈴木雅子

「もしかすると、このアオサンゴ群集は世界で一つしか見られないものかもしれないです」

- 安部真理子

「日本政府が基地に依存するあり方を意図的に作ってきたと思うんですね」

- 浦島悦子

「日が沈んで、人間も浜からいなくなってくると、ジュゴンの時間になります」

- 細川太郎

「現れたってことはジュゴンが何かメッセージを伝えに来たのではないか」

- 東恩納琢磨

「何もしなければ自然というのは元に戻っていく力があると思うんだよね」

- 西平伸

TEAM

吉田正人

日本自然保護協会

安部真理子

日本自然保護協会

中井達郎

日本自然保護協会

東恩納琢磨

名護市議会議員

吉川秀樹

ジュゴン保護キャンペーンセンター

海勢頭豊

ジュゴン保護キャンペーンセンター

鈴木雅子

北限のジュゴン調査チーム・ザン

浦島悦子

北限のジュゴン調査チーム・ザン

細川太郎

ジュゴンネットワーク沖縄

西平伸

ダイビングチームすなっくスナフキン

岩本俊紀

桜海 ダイビングガイド

末吉里花

エシカル協会

灰岡慎太郎

ミュージシャン

石垣 優

ミュージシャン

木佐美有

イメージミル

Richard Grehan

イメージミル

Special thanks to our friends at

市民上映会主催者募集