was successfully added to your cart.

映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』ユジク阿佐ヶ谷での上映が決定しました!

By | News | No Comments

ユジク阿佐ヶ谷

2017年11月11日(土)~17日(金)20:30~

東京都杉並区阿佐ヶ谷北2−12−19−B1F
03-5327-3725
https://www.yujikuasagaya.com/ac

一般1,800円 学生1,300円 シニア1,100円 会員1,000円

11/11(土)本編上映後、監督・プロデューサーのトークイベント有り。
・この回のみ、11/4(土)10:00~整理番号付きチケットをユジク受付窓口にて販売します。
・整理番号付きですので、事前にお買い求めいただければ、お席を確実にお取りできます。
・全席自由席・整理番号順でのご案内となります。
・清算後の払い戻し、変更は致しかねますので、ご了承ください。

※11/16(木)は、木曜日サービスデーで1,100円です!

9/11/17 原一男さんから映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』へのレビューが届きました!

By | News | No Comments

映画監督の原一男さんから映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』へのレビューが届きました!

私たちは知らないことが多すぎる。で、やっぱり知らないことは罪なのである。人は、この世に生を受けて幸せに生きていっていいのだが、しかし、自分一人だけ幸せを望んでも幸せになれない。他者もまた幸せになっていい、ということを受け入れないと自分も幸せになれない。その他者とは、人間だけではない、ということをこの映画は教えている。この地球に生を受けたもの、それは人だけではなく動物、魚、鳥をも含むのだ。ジュゴンが絶滅危惧種であることは知っていた。が、かつて沖縄で食べられていたとは知らなかった。生きものは他の生き物を食って生きている。その一方で、食っている生き物の種の保存運動をしている。人間同士でも、権力を持っている者が持たざる者を差別し、命をおとしてもいいと言わんばかりの態度をとっている。そんな絶対的な矛盾。地獄図絵さながらのこの世。そんなことも含めて、私たちはもっともっと知らなければならないのだ、とこの作品は訴えている

原一男(映画監督)

2017/08/01 Theatrical release of the documentary ZAN

By | News | No Comments

ZAN, the documentary film about the last Okinawan Dugong and the destruction of nature in Henoko, Oura bay, will have it’s theatrical release on August 1st (Tuesday) at the Yokohama Cinema – Jack & Betty. The screening will be from September 30th (Saturday) to October 6th (Friday). We will also have a panel discussion on the 2nd day of screening with the director of ZAN, Rick Grehan, and producer, Kisa Midori.

Panel Discussion:
9/30 (Sat), 10/1 (Sunday) * Time will be adjusted
Http://www.jackandbetty.net/cinema/detail/1407/

Speakers:
Director Rick Grehan,

Producer: Kisa Midori

2017/07/25 Review from Peter Barakan

By | News | No Comments
“Only three dugongs has been confirmed. You will know why the dugong lives in Henoko by watching this film. What we do not know is whether we can save the dugong from extinction.
In Henoko, there is plenty of nature, including dynamic and rare coral reefs and obviously I cannot agree on sacrificing it due to the base construction, but if I talk about it with someone, would I be arrested for conspiracy law?”
– Peter Barakan (2017)